クマとは全く関係ないブログ
| | | Admin |
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スペック環境【2015/11/04】
2015年11月04日 (水) | 編集 |

メイン

【M/B】MSI Z87-GD65 GAMING
【CPU】i7-4770K @4.3GHz 
【GPU】GTX980 GAMING 4G
【RAM】W3U1600HQ-8GC11
【クーラー】ENERMAX LIQTECH ELC-LT240-HP
【SSD】CSSD-S6T256NHG6Q
【PSU】SST-ST85F-GS
【CASE】SWITCH810-WT
【Drive】BDR-208BK/WS
【OS】Windows 7 Pro 64bit

アクセサリー
【Monitor】BenQ XL2420TE
【Case Light】CB-LED20-WT
【FanControl】SENTRYMesh1


サブ&サーバー

【M/B】ASUS H97-PLUS
【CPU】i5-4690
【GPU】GTX560Ti 1GB
【RAM】W3U1600HQ-4G/N
【クーラー】SCKTT-1000
【HDD】WD10EZEX/N
【PSU】CMPSU-850HXJP
【CASE】ANTEC P100
【Drive】SH-224DB+S
【OS】Windows 7 Pro 64bit




DTM


Mac mini Mid2011 @2.5
【Memory】16G 1333
【OS】OSX 10.10.5 Yosemite
スポンサーサイト
らんちゃんのメモ
2015年09月11日 (金) | 編集 |


1.

OS win7 64bit

win update 8月頃の奴を当てて

USBオーディオ系(例:X-fi Go!等)をぶっさしてると

windows起動直後ものすごい重くなる固まる?動作不安定っていうか「応答なし」がしばらく続く

10分程度待つと直る

起動する度に現象は起きる


対処方は、USBオーディオを引き抜くだけ

まず原因が謎だったので対処できないまま使っていたが

スカイプ等でそのデバイスを使っていると「音声が途切れ途切れ」になってるよと言われ

引っこ抜いて再起動かけたら、起動直後の硬直がなくなりすんなりと行ったので解決

ドライバーの問題かポートの不具合かは謎のまま




2.

Killer E2200 LAN内蔵のマザーボード類

ブラウザー等がものすごく遅い問題

ブラウザーの下の方に「ホストを解決しています」と長く表示されて

やっと画面が変わる(サイトへ飛ぶ)


インターネット速度自体は問題はなく

ゲームにも支障はない pingも悪く無い ダウンロード類は高速

ブラウザーだけが異様に遅い


どのブラウザーを使っても同じ現象が起きる

Killer E2200のアプリがあるのだがその中の設定で優先度を「最高」にしても解決しない


対処方は、ネットワークと共有→ローカルエリア接続→プロパティの

Qualcomm Atheros Bandwidth Controlをチェックから外すと直る

これでスムーズなネットサーフィンが戻る


もしくは制御するソフトがあると思うので

Killer Network managerのネットワークの帯域制御のチェックを外すだけ

制御がなくなるのでもはや本末転倒


ゲームするときだけONにすればいいじゃないかな

原因はドライバーが未熟ですね



2015/11/04

ドライバーをアップデートしたら直りました(ง `ω´)ง
DDU
2015年06月03日 (水) | 編集 |
ドモヽ(*´ω`*))((*´ω`*)ノドモ

こんちゃ(´・ω・`)ノシ












今日はDDUっていうソフトを紹介するよん



そもそもDDUってなんなのか

Display Driver Uninstallerの略 


グラフィックドライバーは本来頻繁に更新する必要はないが

今までのゲームが最適化されたり、新機能が追加されたり(バグも)

新しいゲームが出た時に安定して遊びたいから更新する


その時にDDUを使いましょう。

綺麗さっぱりにドライバーを消してくれます


使い方の詳細はこちら


グラボの入れ替えの時にも使えるね

一応公式のインストーラーでアインストールの作業してはしてくれてますが

たまぁに上手く行かなかったりすると

更新してからエラー吐くようになった!とかが回避されるかと思います。

ドライバーによっては当たりハズレが多いので

リリースノートをよく読んで自分に該当するのであれば更新しましょう。


古いゲームを遊んでて特に問題がなければ無視しておくのもいい選択だ


常に最新のものでないと落ち着かないって変態はガンガン入れまくって人柱頑張ろうぜ!


DDU DLリンク
Open Broadcaster Softwareとは何なのか
2015年05月10日 (日) | 編集 |
ドモヽ(*´ω`*))((*´ω`*)ノドモ

こんちゃ(´・ω・`)ノシ









久々に動画でも撮ろうかと思ってShadowPlayを設定しようかと思ったのだが

Geforce Experienceを開くと条件を満たしていないとかほざいて設定どころか

ShadowPlayが有効化できない。


完全に嫌がらせだと思い アンインストールしてやった



ShadowPlayの代わりに何か軽くて何でも撮れるやつを見つけてきましたよ


今回紹介するOpen Broadcaster Softwareだ

通称「OBS」



配信もできて録画もできて、webカメも一緒に撮りながらゲームも表示できるとか

色々と便利で有能なソフトのようですね。


配信は基本的にしないので今回は録画機能に重心をおいて紹介したいと思います。


・リアルタイムでエンコードしてくれるので、撮ったらそのままアップロードできる

・mp4やflvといった形式で書き出されるため、もしからした編集する時は困るソフトもある

・NVENCエンコードがあるため非常に軽い録画も可能


NVENCとは簡単に言えばグラボを使ってエンコードしてくれる。

普通のエンコードはCPUを使うのでゲームしながらだと重い


設定できる箇所も多いので大変便利

初心者にはちょっと難しいがこれで慣れて置くといいかも


画質や音質は設定でどうにでもなるので

20~30分程度の動画なら「15~20000」ビットレートあたりが妥当

30fps 60fpsでも容量が変わるので当然60fpsの方が多くなるのでそこは好みで


設定の説明は動画見てもらったほうがわかりやすいかな








試しにBFHで撮ってみた

・映像 NVENC ビットレート 17000 60fps 映像品質10 プリセット highquality

・音質 48khz ビットレート128 ステレオ

見る時はちゃんと右下の歯車で画質最大にしてね☆ミ




ShadowPlayでは撮れなかったマイクラは

このソフトでは非常に軽く撮れてしまう。

Mod入れまくりで重くなってしまいガチなマイクラだがNVENCではヌルヌル



この時は映像のビットレートだけは50000にしています。




ただNVENCの弱点は超高画質にはなりにくいので

取り敢えず動画だけ撮って後で編集して、更に書き出す人には向かないかも


youtubeにうpする程度ならこの画質でも十分ですが




ゲームに影響しないくらいの動作で撮ってすぐに放り込む人ならおすすめ。


NVENCのワードが多くなってしまったが、OBSは幅広い機能性と拡張性があるので

この完成度でこれでもまだベータってのに驚き

インストーラーでやると32bitになっちゃうので、ダウンロードする時はzip版で64bit入ってるので

それを使うのをおすすめするん。

気になった人は下のリンクからどうぞ

OBS公式
GeForce Experienceは要注意人物?
2015年05月07日 (木) | 編集 |
ドモヽ(*´ω`*))((*´ω`*)ノドモ

こんちゃ(´・ω・`)ノシ











ブログネタないので、放置してしまいがちですが

一応存在はしているらんげです。


今日は知ってる人なら知ってる

ゲームのキャプチャーやグラフィックドライバーの更新などでお世話になってる

何かと便利なGeForce ExperienceのShadowPlayが少し悪さをしている見たい。


機能をオンにして、動画をキャプする時に負荷がかかるのはいいが

キャプしていない時でもどうやら負荷がかかようです。

まぁ、名前にシャドウって付くほどだから影でこそこそキャプしている

というかそれが売りの機能のはずが・・・

少しでもFPSを稼ぎたい人から見れば

ずっと負荷をかけられている状態なので場合によってはカクつきの原因に



ドライバー自体インストールするともはや抱き合わせで付いてくる

GeForce Experienceなのですが、別に動画何か撮らないよと

少しでもFPSを稼ぎたい人はShadowPlayをオフにしましょう

NVIDIA_GeForce_ShadowPlay.jpg




GeForce Experience自体いらないって人はアンインストールしたほうがいいかもね

結構バグがあったり正常に使えなかったり、こいつのせいでPCがエラー吐く時もあるので

特に必要ない人はアンインストールを

そしてできる限りドライバーインストールする時はカスタムでGeForce Experienceのチェックを外しましょう。




動画を頻繁にキャプする人からすれば、すごく軽いソフトで便利なのだが

どのソフトでも言えるがインストールする時は必ずカスタムで取捨選択を心がけましょう。




まじめか_(┐「ε:)_
テーマ:FPS
ジャンル:オンラインゲーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。